­
「人の話が聞き取れない」ときの対策は?悪化する可能性も… | オリーブスマートイヤープラス 公式サイト
  • My Cart (0)
  • Your Cart is Empty

「人の話が聞き取れない」ときの対策は?悪化する可能性も…

「人の話が聞き取れない」ときの対策は?悪化する可能性も…

雑音のある場所だと会話が聞き取れない。相手の言っていることが伝わらず、聞き返すことが多くなった。このような悩みが出た時、考えられる原因は何でしょうか。

今回はそのような読者に向けて、話が聞き取れない原因や対策について説明していきます。聴覚情報処理障害=APDや難聴についても詳しく触れていきます。

 

人の話が聞き取れないときに考えるべきこと

 

聴覚情報処理障害=APDの可能性

人の話が聞き取れないと感じたとき、まず考えるべきことは「聴覚情報処理障害=APD」の可能性です。APDとは、聴力は正常に働いていても、人混みや雑音が入り混じっているところでは、必要な声や音を認知できないといったものです。

また、耳鼻咽喉科でしっかりとした診察を受けても、「異常なし」と判断されることがあることも特徴の1つです。これは、海外ではAPDの症例が多いのに対し、日本では症例件数が少ないため認知が進んでおらず、十分な理解のない医者が多いことが原因と言われています。

  • 聞き返すことがよくある
  • 聞き間違いが多い
  • 騒がしい場所ではあまり聞き取れない
  • 話を聞きながらメモをとるのが苦手
  • 複数人と話すのが困難

上記の5つの項目は、APDである可能性を自分で調べることができるチェックリストの一部です。当てはまるものがある人は、自分がAPDかもしれないということを念頭に置いておきましょう。

 

難聴の可能性

もう1つの可能性として考えられるのが「難聴」です。難聴は大きく分けて3つに分類することができますが、その前に耳のしくみを簡単に説明します。

耳は、外から音を集めて鼓膜まで伝える外耳、外耳で集めた音を増幅する中耳、音の振動を電気信号に変換して脳に伝える内耳の3つから成り立っています。詳しくは下の画像をご覧ください。

①伝音難聴

外耳や中耳の障害によって起きる難聴です。高度の難聴になりづらく、補聴器をつけることで聞こえが改善しやすい難聴です。中耳炎や鼓膜穿孔が原因となることがあります。

②感音難聴

内耳や神経、脳の障害によって起きる難聴です。具体的には、突然生じる突発性難聴などや、慢性的に生じる騒音性難聴・加齢性難聴、生まれつきの先天性難聴など、発症時期や進行状況によっても様々な種類があります。

また、最初に述べた加齢性難聴は、現在では劇的な治療方法は存在しませんが、補聴器を正しく使って聞こえを補うことで、認知症を予防したり生活の質を上げることができます。

③混合性難聴

伝音難聴と感音難聴の両方が起きている難聴です。どちらの難聴の度合いが強いかによって治療法が異なります。

 

の話が聞き取れないときの対策

 

聴覚情報処理障害=APDの場合

APDである場合、ちょっとした工夫を施すことで生活が楽になります。以下がその例です。

  • 一対一で会話する機会を作る
  • 静かな場所を選んで会話をする
  • 相手の口を見ながら、話している内容を察知するようにする
  • ノイズキャンセリング機能のあるイヤホンを使う
  • 講義ではなく、本などのテキスト中心の教材を使って勉強する
  • 人と話すときは、テレビ、ラジオ、音楽など雑音となるものを予め消しておく
  • 話し相手の方に、大きな声でゆっくりと話してもらうようにお願いする
  • などなど…

また、耳鼻咽喉医の平野先生が書いてらっしゃるこちらの本には、APDで人の話が聞き取れないときの対策についてわかりやすく書かれています。ぜひ参考にしてみてください。

*平野浩二(2019)「聞こえているのに聞き取れないAPD【聴覚情報処理障害】がラクになる本」

 

 

難聴の場合

「友人や職場での会話で聞き返すことが多くなった」「テレビの音量が以前より大きくないと聞こえない」など症状が出た場合は、後回しにせず早めに耳鼻咽喉科を受診することが大切です。

理由はいくつかありますが、ひとつは難聴の種類によっては早期に治療を行うことが求められるからです。とくに突発性難聴は、早期発見・早期治療が求められます。なぜならば、発症してから約1ヶ月程度で聴力が固定してしまうからです。

突発性難聴であれば、発症後1週間以内に適切な治療を受ければ約40%の人が完治し、50%の人には何かしらの改善が見られます。発症後1週間以内に病院へ行き、適切な治療を受けることが大切です。

また、難聴は40代~60代に多いと言われていますが、10~20代の若者や働き盛りの年代にも発症することがあります。若いからといって過信せず、症状が現れたらすぐに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

 

結論:人の話が聞き取れないとき、まずは病院へ

 

人の話が聞き取れない原因として、APDと難聴の2つの可能性をご紹介し、それぞれの対策方法を講じてきました。もちろん、何が原因かによって対策は変わってきますが、共通して大事なことは、「違和感を感じたらすぐに耳鼻咽喉科へ行くこと」です。

また、病院へ行っても「聴力に異常なし」と診断されてしまうかもしれませんが、その時はご自身で「APDの可能性はないでしょうか?」と質問してみてください。

先ほども軽く触れましたが、日本ではAPDに対する認知や理解、支援体制が整っていません。病院の医師であっても適切な診断が下せるとは限らないため、診察を受けている私たちからもAPDの可能性がないのか質問することが大切です。

改めての結論になりますが、APDであっても難聴であっても、自分で症状を認知することはとても難しいです。「自分はまだ大丈夫だろう」とは決して思わないようにしてください。

NHKの「“聞こえているのに 聞き取れない” APD当事者の悩み」という記事では、自分がAPDや難聴だとは気づかず、仕事を失って初めて自分にその可能性があると気づいた方もいらっしゃいました。耳に少しでも違和感を感じたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。



補聴器・集音器選びに悩む人へ

 

「Olive Smart Ear Plus」
2週間100円トライアル!

集音器や補聴器には、さまざまなタイプや機種があります。そのため、どれが自分に合う製品なのか迷っている人も少なくありません。

そんな人にオススメなのが「Olive Smart Ear Plus」です。

自宅から職場まで、幅広いシーンで使用できるので、補聴器や集音器に悩んでいる人にはぴったりでしょう。ここからは本製品の特徴や、搭載されている機能について詳しく紹介していきます。

 

■ Olive Smart Ear Plusとは

「Olive Smart Ear Plus」とは、聞こえに悩む人のために開発された会話サポートデバイスです。集音器に対して「拾った音を大きくするだけ」といったイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、本製品は使用者の「聞こえ方」を徹底的に拘っており、どこにいてもキレイに音を聞き取ることが可能です。公式サイトから誰でも購入できるので、専門店に通う必要もありません。

また、販売開始から約2年で3万台の累計販売実績のある「Olive Smart Ear」の進化モデルでもあります。店頭に通って調整する必要もないので、商品が届いたらすぐに使用できることも大きな魅力でしょう。

■ Olive Smart Ear Plusに搭載されている機能

高性能なことが売りである本製品には、さまざまな機能が搭載されています。

Olive Smart Ear Plusの音を調整するチャンネル数は、業界でもトップクラスの「64」です。チャンネル数とは、補聴器や集音器に入ってきた音を、何分割して処理しているかを表している数値を意味します。そこまで詳しく理解する必要はありませんが、チャンネル数が高くなるほど、音が滑らかになることは覚えておきましょう。

また、音を一律で大きくする従来の集音器よりも、聞こえの良さは圧倒的に進化しています。自分の好みの聞こえ方に調整できるだけでなく、まわりの環境に応じて適切な音に切り替えることもできます。

環境モード選択機能で調節すれば「日常会話」「テレビや映画の鑑賞」「騒がしい場所」など、さまざまな場面に対応可能です。さらに、操作も専用のスマートフォンアプリから行えるので、手間も少なく非常に簡単です。

 

■ Olive Smart Ear Plusのデザイン

本製品のデザインは、韓国の大手総合家電メーカー「サムスン」の元プロダクトデザイナーが担当しています。コンセプトは、外出時や仕事時でも違和感なく装着できるようなものを提供することです。

従来の集音器とは異なるおしゃれな型となっていて、古臭さを感じさせません。また、軽量型のため、長く装着していても疲れにくいです。恥ずかしがることなく、眼鏡のように気軽に使用できることが本製品の大きな強みでしょう。

■どのようなシーンにも対応できるOlive Smart Ear Plus

本製品は屋内外問わず様々なシーンで使うことができます。

仕事の際は、大勢いる中でも一人ひとりの声をしっかりと聞き取ることができます。聞き逃しや聞き返しに悩まされることはありません。会議や接客においても、安心してスムーズに会話を行うことができるのが魅力です。

また、家族といる際も、楽に会話をすることができます。何度も同じことを聞き返したりテレビの音量を上げすぎることもありません。もちろん騒がしい場所へ出かけたとしても、心地よく会話を続けることができます。

 

■お客様の声

本製品はお客様からありがたい声をたくさんいただいています。以下にいくつか紹介します。

1番役に立っているのは会議のときです。これまで聞き逃していた重要な会話を聞き逃すことがなくなりました。(50代男性、中小企業役員)

家族との会話がとてもスムーズになりました。聞き返すことがなくなったので私も家族も楽しく会話できています。(70代女性、専業主婦)

テレビの音量を上げる必要がなくなったのが嬉しいです。外出した際の車内アナウンスも聞き取れるようになりました。(60代男性、会社員)

まずは2週間100円トライアルから

ここまで読んでくださりありがとうございます。Olive Smart Ear Plusは聞こえに悩むすべての人のために作られた会話サポートデバイスです。豊富な機能とおしゃれなデザインに加え、お値打ちな金額で始められるという強みをすべて揃えています。

本製品を検討しているなら、まずは2週間100円トライアルがオススメです。身分証などの提出も不要で、このブログからいつでも申込むことができます。

商品到着から2週間は、制限なく自由に使用できるので「せっかく購入したのに、想像と違った」なんて心配もなくなります。「操作できるか不安」「音を確認してから購入したい」こんなふうに考えている人は、ぜひ利用してみてください。

友だち追加

 

本製品は一括購入もできますが、月額プランの用意もあります。お得な値段なのに加え、追加料金が発生することもありません。補聴器や集音器は決して安い商品ではないので、お手頃価格で使用できるのは非常にお得です。

また、月額プランの料金の中には、紛失や故障による保証料金も含まれており、バッテリー交換も無料で対応してくれます。操作方法などでわからないことがあれば、メーカー専属の担当者が対応してくれるので、集音器や補聴器の使用経験がない人にもオススメです。

友だち追加

 

※本件製品は、補聴器(医療機器)ではなく、補聴を目的とするものではありません。聞こえに異常のある方は、使用前に医師にご相談ください。

*上のボタンから公式LINEを登録したら製品ページにアクセスできるようになります。ぜひ友達登録してみてください。「今だけ」の特典もついています!




関連記事


耳鳴りや突発性難聴に漢方薬は効くのか?

漢方薬って耳鳴りに使える?突発性難聴の治療に漢方薬は効く?めまいや頭鳴りが伴う耳鳴りにも効く?今回は耳鳴りの症状や原因、代表的な治療法、漢方薬による治療法、突発性難聴にも効くのかについて詳しく解説していきます。
Read More
PAGE TOP