­
集音器とは?補聴器との違いや種類ごとのメリット・デメリットも解説 | オリーブスマートイヤープラス 公式サイト
  • My Cart (0)
  • Your Cart is Empty

集音器とは?補聴器との違いや種類ごとのメリット・デメリットも解説

集音器とは?補聴器との違いや種類ごとのメリット・デメリットも解説

通販サイトや雑誌などで、よく見かける「集音器」。補聴器との違いや搭載されている機能が、気になっている人もいるのではないでしょうか?見た目はほとんど同じですが、使用する目的や得られる効果は大きく異なるので、購入の際には注意が必要です。

今回は、集音器と補聴器の違いや種類、それぞれの特徴について紹介していきます。どちらを購入すればいいのか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

集音器とは?

集音器とは、日常生活で聞こえてくる音を大きくするための機器です。「耳が遠くなったかな?」そう感じたら、ほとんどの人が補聴器の使用をイメージするのではないでしょうか。

しかし「補聴器」という名称を使えるのは、厚生労働省に医療機器として認定されたものだけです。そのため、品質は保証されていますが、金額も高額になりやすく、購入までに時間がかかってしまうデメリットがあります。

一方、集音器は「家電」として分類され、ネットや店頭販売で気軽に購入できることも大きな魅力です。「補聴器」としての基準は満たしていないものの、聞こえをサポートする機器を全般的に「集音器」と呼びます。

集音器は補聴器と比べて「安いけど性能が悪い」こんなイメージを持っているかもしれませんが、最近では性能が上がってきており、十分に効果を発揮してくれるでしょう。

 

集音器と補聴器の違い

それでは次に「集音器」と「補聴器」の違いについて紹介してきます。集音器と補聴器の主な違いは、以下の3つです。

  • 医療機器として認められているか
  • 調整の有無
  • 価格の違い

それぞれの違いを詳しく紹介していきましょう。

 

医療機器として認められているか

「補聴器」という名称を使えるのは、厚生労働省がメーカーからの申請に対して、正式に医療機器として認定しているものだけです。

補聴器は、薬事法で定められた「管理医療機器」に指定されているので、効果や安全性などの基準をクリアする必要があります。販売方法も対面販売のみしか認められておらず、さまざまな条件がありますが、そのおかげで消費者からの安全性や信頼感を確立しています。

一方で「集音器」は、医療機器ではありません。補聴器は医療機器ですが、集音器は「家電」として取り扱われることが多く、カテゴリーも大きく異なります。

 

調整の有無

聴力がどの程度落ちているのか、どんな音が聞き取りづらいのかなど、人によって「音」の問題は異なります。医療機器である補聴器は、さまざまなニーズに応えられるように、使用する人に合わせて調整できる機能が搭載されています。

しかし、ほとんどの集音器は、使用する人に合わせて調整する機能が搭載されていません。もちろん、価格や種類によって調整できる幅には差がありますが、補聴器は使用する人ごとに調整する前提で作られています。

また、補聴器は購入後もメンテナンスが必要になるので、購入店舗に定期的に通うことになるでしょう。

 

価格の違い

集音器にも補聴器にも、さまざまなタイプがありますが、一般的にそれぞれの価格相場は、以下の通りです。

  • 補聴器:片耳10〜50万円程度
  • 集音器:片耳数千〜数万円程度

基本的には補聴器の方が高額で、集音器の方がリーズナブルな金額で購入できます。しかし、補聴器にも2万円程度のものもありますし、集音器にも10万円を超えるような商品があるので、あくまでも平均相場として覚えておきましょう。

もちろん、価格が安くれば、搭載されている機能や品質には期待できません。集音器や補聴器は、生活の支えになる大切な機器なので、価格重視で選ぶのはやめておきましょう。

 

集音器の種類

それでは次に、集音器の種類について紹介していきます。集音器は主に、以下の3つのタイプに分類されます。

  • 耳掛け型
  • 耳穴型
  • ポケット型
  • 骨伝導型

それぞれの特徴や、どんな人に向いているのかを詳しく紹介していきます。

 

耳掛け型

「耳掛け型」とは、耳の外側にかけて使用するタイプです。集音器そのものにボタンが組み込まれているので、子どもやお年寄りでも簡単に操作することができます。

後ほど紹介する「耳穴型」は、小型で目立ちにくいメリットがありますが、高齢の方には操作が難しい傾向にあります。耳掛け型は、音の調整も簡単なため、はじめて集音器を使用する人や機械の操作に自信のない人にオススメです。

しかし、耳に直接かけることになるので、マスクやメガネと重なってしまいます。また、耳の引っ掛けている部分への負担が大きくなることには注意が必要です。

 

耳穴型

「耳穴型」とは直接、耳の穴に入れて使用するタイプです。4つのタイプの中では、もっとも小型で目立ちにくい集音器になります。集音器の使用をまわりの人に気付かれたくない人は、耳穴型がオススメでしょう。

しかし、イヤホンなどと同じく、簡単に装着できる反面、簡単に落としてしまうデメリットもあります。また、小型で目立ちにくいため、紛失しやすいともいえます。

耳穴と非常に近い位置で集音するため、本来の聞こえ方に近い自然な音になりやすい特徴もあります。サイズがコンパクトなので、常に持っておいて、重要なときだけ使いたい人にも向いているでしょう。

 

ポケット型

「ポケット型」とは、ポケットやベルトに固定して使用するタイプです。4つのタイプの中では、もっとも安価で通販サイトでは5,000円程度でも販売されています。

これまでに紹介してきた「耳掛け型」や「耳穴型」よりもサイズが大きいので、紛失しにくい特徴もあります。もちろん、紛失する心配は減りますが、荷物としてかさばってしまうのはデメリットでしょう。

また、デザイン上どうしても目立ってしまうので、まわりの目が気になる人には向いていません。マスクやメガネをかけるときには、集音器を外す必要もあるので「面倒だ」と感じてしまう人もいるでしょう。

 

骨伝導型

「骨伝導型」とは、耳の後ろにかけて使用するタイプです。耳のそばにある骨に振動を与えて、聴覚神経に音を伝える仕組みになっています。

他の3つのタイプと比べると、使用率は低く、幅広い世代に浸透しているわけではありません。また、振動で音を伝えるため、鼓膜への負担は少ないですが、聞こえ方が独特なので、好みはわかれるでしょう。

 

まとめ

今回は、集音器と補聴器の違いや種類、それぞれの特徴についてお伝えしました。最後に、集音器と補聴器の違いをおさらいしておきましょう。

集音器

補聴器

医療機器としての認定

認定されていない

認定されている

調整の有無

できないものもある

できる

価格

片耳数千〜数万円程度

片耳10〜50万円程度

メリット

  • 購入後すぐに使用できる
  • 自分で聞こえ方の微調整ができる
  • 種類が豊富
  • 細かい設定がしやすい
  • 自然な聞こえ方に近い

デメリット

  • クオリティの低い商品もある
  • 医療機器として認められていない
  • 基本的に高価
  • 購入までに手間がかかる
  • 聞こえ方の微調整が自分でできない

集音器と補聴器は、デザインは似ていても、医療機器である「補聴器」と集音器は、基本的に違うカテゴリーの商品です。集音器の性能は昔よりも進化しており、その代表的な例が「オリーブスマートイヤープラス」でしょう。

集音器や補聴器は生活を支える非常に重要な機器なので、本人が納得した商品を購入することが大切です。実際に手に取って視聴して、自分の音に関する悩みを解決してくれるかを必ず確認しておきましょう。

また、おすすめの集音器を知りたい方は以下のリンクより。
補聴器に負けない性能の良い集音器を徹底比較!
【デザイン比較】見た目にこだわったおしゃれな集音器を紹介!


補聴器・集音器選びに悩む人へ

 

「Olive Smart Ear Plus」
初月100円からお使いいただけます!

集音器や補聴器には、さまざまなタイプや機種があります。そのため、どれが自分に合う製品なのか迷っている人も少なくありません。

そんな人にオススメなのが「Olive Smart Ear Plus」です。

自宅から職場まで、幅広いシーンで使用できるので、補聴器や集音器に悩んでいる人にはぴったりでしょう。ここからは本製品の特徴や、搭載されている機能について詳しく紹介していきます。

 

■ Olive Smart Ear Plusとは

「Olive Smart Ear Plus」とは、聞こえに悩む人のために開発された会話サポートデバイスです。集音器に対して「拾った音を大きくするだけ」といったイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、本製品は使用者の「聞こえ方」を徹底的に拘っており、どこにいてもキレイに音を聞き取ることが可能です。公式サイトから誰でも購入できるので、専門店に通う必要もありません。

また、販売開始から約2年で3万台の累計販売実績のある「Olive Smart Ear」の進化モデルでもあります。店頭に通って調整する必要もないので、商品が届いたらすぐに使用できることも大きな魅力でしょう。

■ Olive Smart Ear Plusに搭載されている機能

高性能なことが売りである本製品には、さまざまな機能が搭載されています。

Olive Smart Ear Plusの音を調整するチャンネル数は、業界でもトップクラスの「64」です。チャンネル数とは、補聴器や集音器に入ってきた音を、何分割して処理しているかを表している数値を意味します。そこまで詳しく理解する必要はありませんが、チャンネル数が高くなるほど、音が滑らかになることは覚えておきましょう。

また、音を一律で大きくする従来の集音器よりも、聞こえの良さは圧倒的に進化しています。自分の好みの聞こえ方に調整できるだけでなく、まわりの環境に応じて適切な音に切り替えることもできます。

環境モード選択機能で調節すれば「日常会話」「テレビや映画の鑑賞」「騒がしい場所」など、さまざまな場面に対応可能です。さらに、操作も専用のスマートフォンアプリから行えるので、手間も少なく非常に簡単です。

 

■ Olive Smart Ear Plusのデザイン

本製品のデザインは、韓国の大手総合家電メーカー「サムスン」の元プロダクトデザイナーが担当しています。コンセプトは、外出時や仕事時でも違和感なく装着できるようなものを提供することです。

従来の集音器とは異なるおしゃれな型となっていて、古臭さを感じさせません。また、軽量のため、長く装着していても疲れにくいです。恥ずかしがることなく、眼鏡のように気軽に使用できることが本製品の大きな強みでしょう。

■どのようなシーンにも対応できるOlive Smart Ear Plus

本製品は屋内外問わず様々なシーンで使うことができます。

仕事の際は、大勢いる中でも一人ひとりの声をしっかりと聞き取ることができます。聞き逃しや聞き返しに悩まされることはありません。会議や接客においても、安心してスムーズに会話を行うことができるのが魅力です。

また、家族といる際も、楽に会話をすることができます。何度も同じことを聞き返したりテレビの音量を上げすぎることもありません。もちろん騒がしい場所へ出かけたとしても、心地よく会話を続けることができます。

 

■お客様の声

本製品はお客様からありがたい声をたくさんいただいています。以下にいくつか紹介します。

1番役に立っているのは会議のときです。これまで聞き逃していた重要な会話を聞き逃すことがなくなりました。(50代男性、中小企業役員)

家族との会話がとてもスムーズになりました。聞き返すことがなくなったので私も家族も楽しく会話できています。(70代女性、専業主婦)

テレビの音量を上げる必要がなくなったのが嬉しいです。外出した際の車内アナウンスも聞き取れるようになりました。(60代男性、会社員)

まずは初月100円でお申し込み

ここまで読んでくださりありがとうございます。Olive Smart Ear Plusは聞こえに悩むすべての人のために作られた会話サポートデバイスです。豊富な機能とおしゃれなデザインに加え、お値打ちな金額で始められるという強みをすべて揃えています。

本製品を検討しているなら、初月100円の月額プランがオススメです。身分証などの提出も不要で、このブログからいつでも申込むことができます。

商品到着からすぐに使用できるので「せっかく購入したのに、想像と違った」なんて心配もなくなります。「操作できるか不安」「音を確認してから購入したい」こんなふうに考えている人は、ぜひ利用してみてください。

本製品は一括購入もできますが、月額プランが一番人気です。お得な値段なのに加え、追加料金が発生することもありません。補聴器や集音器は決して安い商品ではないので、お手頃価格で使用できるのは非常にお得です。

また、月額プランの料金の中には、紛失や故障による保証料金も含まれており、バッテリー交換も無料で対応してくれます。操作方法などでわからないことがあれば、メーカー専属の担当者が対応してくれるので、集音器や補聴器の使用経験がない人にもオススメです。

 

※本件製品は、補聴器(医療機器)ではなく、補聴を目的とするものではありません。聞こえに異常のある方は、使用前に医師にご相談ください。




関連記事


補聴器の値段・特徴を種類ごとに解説!落とし穴にも注意!

価格が高いほど聞こえは良くなる?安い補聴器は買ってもいい?今回は補聴器の相場価格や値段が高い理由、機種ごとの特徴、選ぶ際に気をつけなければいけないことを解説していきます。
Read More

 


 


【デザイン比較】見た目にこだわったおしゃれな集音器を紹介!

補聴器は値段が高すぎるから集音器をつけたい...でも集音器はデザインがイマイチで気が進まない...そのような方々に向けて、気軽におしゃれにつけられる集音器を比較します。
Read More

 

PAGE TOP